よくあるご質問

カテゴリー

Q. 名前、住所、印鑑等が変わった場合、どのような手続が必要ですか?

A. 回答

「住所変更・改称・改印届」を提出していただく必要があります。
また、ご住所の変更、改称(お名前の変更)手続きの際は、マイナンバー(個人番号)確認書類、および本人確認書類(1種類または2種類)のご提出が必要です。

【ご住所・改称(お名前の変更)手続きの際の必要書類について】
(1)住所変更・改称・改印届
(2)個人番号の告知に係る別紙(申込・変更)
(3)マイナンバー確認書類
 ・個人番号カード、または通知カード*のコピー
 ・個人番号の記載のある住民票の写し(6か月以内に作成された原本)
 ・個人番号の記載のある住民票の記載事項証明書(6か月以内に作成された原本)
 *通知カードに記載された住所や氏名等が、住民票等に記載されている事項と一致する場合のみ、
  マイナンバー確認書としてご利用いただけます。
(4)本人確認書類 1種類または2種類
お名前、ご住所、生年月日が確認できる本人確認書類のご提出が必要です。
【顔写真付の本人確認書類の場合は下記より1種類ご提出ください】
 ・運転免許証、旅券(パスポート)*、個人番号カード、特別永住者証明書、在留カードのコピー
  *2020年2月4日以降に申請されたパスポートは、
   所持人記入欄(住所記入欄)がないためご利用いただけません。
【顔写真が付いていない本人確認書類の場合は下記より2種類ご提出ください】
 ・各種健康保険証、各種年金手帳、各種福祉手帳のコピー
 ・住民票の写し、印鑑登録証明書(6ヶ月以内に発行されたもの、コピー不可)

 ※ご住所を変更される場合、『新ご住所』『生年月日』の記載がある本人確認書類をご提出ください。
   住所等が裏面等に記載されている場合、その記載面のコピーもご提出ください。
 ※ご氏名の変更の場合、新・旧のご氏名の記載がある書類をご提出ください。
 例)・運転免許証(表面、裏面)のコピー
   ・戸籍抄本等(6ヵ月以内に作成されたもの、コピー不可)と新しい氏名の本人確認書類

■外国籍のお客様
外国籍のお客様は、在留カード、特別永住者証明書、住民票の写し(在留期間(満了日)の記載があるもの)のいずれかをご提出ください(在留期間(満了日)まで2ヶ月以上のものに限ります)。
また、在留資格、在留期間(満了日)が更新された場合は、更新後の在留カード等をご提出ください。

【改印(お届出印鑑の変更)手続きについて】
改印に際しては、手続き書類上に新旧お届印の捺印が必要です。
お届印を紛失された場合は、実印を「旧届印」欄へ捺印、新しいお届印を「お届印」欄へ捺印いただき、印鑑証明書(発行日より6ヶ月以内、コピー不可)を添付のうえ、ご送付ください。
※改印(お届出印鑑の変更)のみの手続きの場合は、マイナンバー確認書類、本人確認書類の提出は必要ございません。

「住所変更・改称・改印届」は、お取引店舗までご請求ください。

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

リスク・手数料等説明ページ

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。