よくあるご質問

カテゴリー

Q. 特定口座での上場株式等譲渡益に対する課税処理はどのようになりますか?

A. 回答

特定口座内での上場株式譲渡益に対する課税処理は下記のようになります。
「源泉徴収あり」の場合
取引が行われ、利益・損失がそれぞれ発生するごとに当年度の「年初からの累計譲渡損益」が計算されます。それに対応して、税金の源泉徴収・還付が自動的に行われます。
(1)譲渡益が発生すると、利益の20.315%(所得税および復興特別所得税:15.315%、住民税:5%)が源泉徴収されます。
 (2)譲渡損失が有れば、源泉徴収済金額の範囲内で損失の20.315%(譲渡益に対する税率と同率)が還付されます。お取引の翌朝以降「取引履歴」画面でご参照いただけます。「譲渡益税」「還付金」で表示しています。その年度分が終了後、お客様の下に当該年度の譲渡損益計算結果を記載した「特定口座年間取取引報告書」が郵送されます。
【例1】 10月10日 10万円の利益 20,315円源泉徴収
11月12日 5万円の損失 10,157円還付
12月15日 1万円の利益 2,031円源泉徴収
結果   6万円の利益 12,189円納税
【例2】 10月10日 10万円の利益 20,315源泉徴収
11月12日 5万円の損失 10,157円還付
12月15日 7万円の損失 10,158円還付(源泉徴収済金額の残りが10,158円のため)
結果   2万円の損失 納税額無し

※譲渡損失の翌年度以降への繰越等を行う場合や、他社での取引との損益通算を行う場合には、「年間取引報告書」を用いて確定申告を行ってください。

「源泉徴収なし」の場合
取引が行われ、利益・損失がそれぞれ発生するごとに当年度の「年初からの累計譲渡損益」が計算されます。上記「源泉徴収あり」の場合と異なり、源泉徴収や還付などはおこなわれません。翌年の1月に、お客様のご住所宛てへ「特定口座年間取引報告書」が郵送されますので、記入された「年初からの累計譲渡損益」に基いて確定申告を行い、課税関係を終了させてください。

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。