よくあるご質問

カテゴリー

Q. 「インサイダー取引」に関する不公正取引による罰則について教えてください。

A. 回答

「インサイダー取引」に関する不公正取引による主な罰則については下記のように金融商品取引法で定められています。

●会社関係者の禁止行為(金融商品取引法166条)
・会社関係者が重要事実の公表前に行う有価証券等の取引の禁止。(金融商品取引法166条1項)
・会社関係者から重要事項の伝達を受けた者又は職務上伝達を受けた者が所属する法人の他の役員等であって重要事項を知った者が、該当重要事項の公表前に行う有価証券等の取引の禁止。(金融商品取引法166条3項)

【罰則】
・該当行為を行った者に対しては5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金。又はその併科。(金融商品取引法197条の2第13号)
・該当行為により得た財産は没収。(金融商品取引法198条の2第1項)
・該当行為を行った法人に対しては5億円以下の罰金。(金融商品取引法207条1項2号)

●特定有価証券等の売買に関する報告書の提出(金融商品取引法163条)

【罰則等】
・内閣総理大臣へ提出すべき報告書(有価証券の発行会社の役職員や主要株主などの売買等に関する報告書)の不提出又は虚偽記載報告(金融商品取引法205条15号、207条1項6号)
・役員は主要株主の短期売買利益の返還(金融商品取引法164条)

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。