投資情報トップへ

市況解説

2017年3月23日(木) 市況解説

2017年3月23日(木) 市況解説 大引け
日経平均株価 19,085.31(+43.93)
TOPIX 1530.41(+0.21)
東証一部売買高 175963万株

大引け・4日ぶり反発-イベント警戒で一時19000円割れるも切り返す

23日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発、前日比43.93円高の19085.31円で取引を終えた。オバマケア代替法案の米下院採決やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、薄商いのなか前日終値を挟んだ小幅な値動きに終始した。前場中には心理的節目の19000円を割り込む場面もあったが、籠池氏の証人喚問の内容が新味に乏しいとして反応が限られたこともあって、大引けにかけては持ち直した。東証株価指数(TOPIX)も4日ぶりに小反発。東証1部の売買代金は概算で2兆1905億円、売買高は同17億5963万株とともに前日を下回り、値上がり銘柄数は824、値下がり1037、変わらず149。業種別TOPIXは全33業種中、「石油・石炭製品」「鉱業」「不動産」など17業種が上昇し、下落は「その他製品」「海運」「銀行」など16業種。ファーストリテイリング(9983)、花王(4452)など内需関連の一角が指数を支えたほか、半導体関連のSUMCO(3436)、トーカロ(3433)、新川(6274)には業績期待の買いが入った。前日に「アンモニアから常温・常熱・無触媒で高純度水素を製造する装置を開発」と発表した澤藤電機(6901)は連日のストップ高比例配分で引け、ジャパンマテリアル(6055)は証券会社の強気判断が伝わり大幅反発。半面、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)はじめ銀行株が幅広く売られ、任天堂(7974)は高く始まったが徐々に利益確定売りに押された。DeNA(2432)と共同開発したスマホゲームの配信が始まったことで、材料出尽しとの見方も出ている。日鉄住金物産(9810)は三井物産(8031)の持分法適用会社となるのに伴い第三者割当増資などを検討しているとして株式価値の希薄化懸念が広がった。格下げの観測されたマネックスグループ(8698)も厳しい。2部に新規上場したグリーンズ(6547)は公開価格1400円に対し、1521円で寄り付き1579円で引けた。

新興市場は主要2指数がともに反発、時価総額の大きい主力株や直近IPO銘柄などに買いが入った。そーせいグループ(4565)、力の源ホールディングス(3561)、インターネットインフィニティー(6545)が買われ、エナリス(6079)、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(7774)、サイバーステップ(3810)が売られた。


2017年3月23日(木) 市況解説 前引け
日経平均株価 19,068.22(+26.84)
TOPIX 1529.29(-0.91)
東証一部売買高 86116万株

前引け・小反発―様子見ムードのなか、売り買い交錯

23日午前の東京株式市場で日経平均株価は小反発、前日終値に比べて26.84円高い19068.22円で引けた。オバマケア代替法案の米下院採決やイエレン米連邦準備理事会(FRB)講演を控えて様子見ムードが広がるなか、自律反発狙いの買いと円高を警戒した売りが交錯し、前日終値を挟んでもみ合った。米共和党保守派議員の発言を受けてトランプ政権の政策運営に対する警戒感がやや後退、円高進行に歯止めがかかりつつあるものの、10時から始まった籠池氏の証人喚問を見極めたいとの向きも多く、反応は限定的なものに留まっている。東証株価指数(TOPIX)は小幅続落。東証一部売買代金は概算1兆856億円、同売買高も概算8億6116万株と引き続き低調で、値上がり銘柄数は807、値下がり1036、変わらず166だった。業種別TOPIXでは「石油・石炭製品」「電気・ガス」「鉱業」をはじめとする17業種が上昇、「その他製品」「銀行」「ゴム製品」など15業種は下落、「鉄鋼」は変わらず。米半導体株の上昇を受けて東京エレクトロン(8035)、信越化学工業(4063)などが買われ、好業績観測報道が流れた新川(6274)は一時10%近く上昇。サイバーコム(3852)、アンリツ(6754)など次世代通信技術「5G」関連も賑わい、みずほ証券の強気レポートが観測されたアサヒ(2502)は連日で昨年来高値を更新した。反面、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)などは引き続き米金利低下が重荷となり、任天堂(7974)は朝方の買い一巡後利食い売りに押される展開。今期最終赤字に転落する見通しとなった日本製鋼所(5631)は大幅に7日続落。日本オラクル(4716)は通期予想の据え置きが嫌気され、景品表示法違反で消費者庁から再発防止命令を受けたGMOインターネット(9449)は3日続落。通期業績予想を下方修正したOKK(6205)の下げがきつい。2部に新規上場したグリーンズ(6547)は公開価格1400円に対し、1521円の初値を付けた。

新興市場では、主要2指数がそろって反発。個人投資家らの物色意欲は衰えておらず、直近IPO銘柄や材料の出た銘柄などが賑わった。ディー・ディー・エス(3782)、力の源ホールイディングス(3561)、サイバーダイン(7779)が買われ、アエリア(3758)、ビーグリー(3981)、フェローテック(6890)は売られた。

更新のタイミング
「前引け」市況解説…12時30分ごろ
「大引け」市況解説…16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

  •  2017年3月22日(水) 【日経平均株価終値:19,041.38 前日比:-414.50 東証一部売買高:205553万株】
  •  2017年3月21日(火) 【日経平均株価終値:19,455.88 前日比:-65.71 東証一部売買高:159718万株】
  •  2017年3月17日(金) 【日経平均株価終値:19,521.59 前日比:-68.55 東証一部売買高:201361万株】
  •  2017年3月16日(木) 【日経平均株価終値:19,590.14 前日比:+12.76 東証一部売買高:179651万株】
  •  2017年3月15日(水) 【日経平均株価終値:19,577.38 前日比:-32.12 東証一部売買高:165020万株】

投資情報トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ