投資情報トップへ

市況解説

2017年6月26日(月) 市況解説

2017年6月26日(月) 市況解説 大引け
日経平均株価 20,153.35(+20.68)
TOPIX 1612.21(+0.87)
東証一部売買高 139560万株

大引け・小幅続伸-押し目買い意欲強く、中小型株に買い戻し

26日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに小幅続伸、前週末比20.68円高の20153.35円で取引を終えた。手掛かり材料不足のなか後場は一段と膠着感を強めたが、月末好需給などを支えに材料の出た銘柄などへの個別物色の流れが継続した。円相場の落ち着きや中国・上海総合指数の堅調推移も底堅さに繋がった。東証株価指数(TOPIX)も小幅続伸。東証1部の売買代金は概算で1兆7505億円、売買高は同13億9560万株と低調で、値上がり銘柄数は1104、値下がり775、変わらず142だった。業種別TOPIXは全33業種中、「鉱業」「その他製品」「食料品」など19業種が上昇し、下落は「証券」「保険」「海運」など14業種。東京エレクトロン(8035)、ファーストリテイリング(9983)が指数を押し上げ、任天堂(7974)は連日で年初来高値を更新、国際石油開発帝石(1605)も上昇した。Enish(3667)は人気アイドルグループ欅坂46の公式ゲームアプリを正式発表したことでストップ高比例配分となり、ヒト・コミュニケーションズ(3654)はEC支援サービスを手掛けるビービーエフを子会社化することが好感された。ジーンズメイト(7448)は貸主より提起されていた賃料増額請求訴訟について和解が成立し、タツタ電線(5809)は証券会社の強気投資判断が観測された。半面、高値圏にある大成建設(1801)などには利益確定売りが優勢で、週末に上場来高値を付けた大光(3160)も大幅安。東急不動産ホールディングス(3289)は証券会社の格下げが観測され、野村ホールディングス(8604)は一部専門誌で不正取引疑惑が取り上げられたことが響いた模様。

新興市場は主要2指数がともに反発。東証1部の上値が重いなか。ゲーム関連や好業績銘柄に買いが入った。モブキャスト(3664)、リミックスポイント(3825)、アカツキ(3932)が買われ、UMNファーマ(4585)、オンキヨー(6628)、シリコンスタジオ(3907)が売られた。


2017年6月26日(月) 市況解説 前引け
日経平均株価 20,157.42(+24.75)
TOPIX 1613.17(+1.83)
東証一部売買高 68930万株

前引け・小幅続伸―権利取り狙いの買いや配当再投資思惑が支えに

26日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸、前週末終値に比べて24.75円高い20157.42円で引けた。新規手掛かり材料を欠くなか、6月権利取り狙いの買いや配当再投資への思惑が下値を支える格好となった。タカタ(7312)が民事再生法の適用を申請、上場廃止となることが決まったが、既に織り込み済みとして反応はほとんどみられなかった。東証株価指数(TOPIX)も小幅続伸。東証一部売買代金は概算8438億円、同売買高も概算6億8930万株と低調で、値上がり銘柄数は1235、値下がり625、変わらず156だった。業種別TOPIXでは「鉱業」「その他製品」「非鉄」をはじめとする21業種が上昇、「保険」「証券」「空運」など12業種は下落。任天堂(7974)、KLab(3656)が年初来高値を更新するなどゲーム関連が引き続き賑わい、商品市況の上昇を背景に国際石油開発帝石(1605)、三菱商事(8058)なども高い。東京エレクトロン(8035)、ソニー(6758)、パナソニック(6752)は日本経済新聞の「主要商品・サービスシェア調査」が刺激材料となり、「トヨタ(7203)が新素材の開発にAI(人工知能)を活用する研究を開始」との報道を受けてFRONTEO(2158)など関連銘柄に買いが膨らんだ。海外企業の買収を発表したエス・エム・エス(2175)が上昇するなど人材関連の上げも目立ち、エアバッグ代替需要への思惑が広がった芦森工業(3526)は急騰。反面、タカタのメインバンクである三井住友フィナンシャルグループ(8316)が冴えず、東芝(6502)には2部市場降格を嫌気した売りが膨らんだ。新薬候補の芳しくない試験結果が伝わった大日本住友製薬(4506)は年初来安値を更新、GMOペイメントゲートウェイ(3769)にはSMBC日興証券による格下げが観測された。サツドラホールディングス(3544)は決算発表を受けて出尽くしの反応となり、エイチ・アイ・エス(9603)は利食い売りに押された。

新興市場では、主要2指数がそろって反発。先週末の急落の反動も手伝って、大型株の動意の鈍さを嫌気した買いを集めた。ブロッコリー(2706)、リミックスポイント(3825)、クラウドワークス(3900)が買われ、シリコンスタジオ(3907)、アンジェスMG(4563)、ネクストウェア(4814)は売られた。

更新のタイミング
「前引け」市況解説…12時30分ごろ
「大引け」市況解説…16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

  •  2017年6月23日(金) 【日経平均株価終値:20,132.67 前日比:+22.16 東証一部売買高:153220万株】
  •  2017年6月22日(木) 【日経平均株価終値:20,110.51 前日比:-28.28 東証一部売買高:155040万株】
  •  2017年6月21日(水) 【日経平均株価終値:20,138.79 前日比:-91.62 東証一部売買高:163436万株】
  •  2017年6月20日(火) 【日経平均株価終値:20,230.41 前日比:+162.66 東証一部売買高:183654万株】
  •  2017年6月19日(月) 【日経平均株価終値:20,067.75 前日比:+124.49 東証一部売買高:148469万株】

投資情報トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ