投資情報トップへ

市況解説 バックナンバー

2019年7月12日(金) 市況解説

2019年7月12日(金) 市況解説 大引け
日経平均株価 21,685.90(+42.37)
TOPIX 1576.31(-2.32)
東証一部売買高 102974万株

大引け・小幅続伸-小売決算を好感も機械株への売りが重荷

12日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸、前日比42.37円高の21685.90円で取引を終えた。安川電機(6506)の決算を受けた設備投資関連株の下落が終日重荷となったが、中国・上海総合指数やシカゴ取引システム(GLOBEX)での米株先物の上昇を支えに午後上げ幅をやや広げた。3連休を控えた週末とあって個人投資家等の手仕舞い売りが断続的に出て上値は重たかった。東証株価指数(TOPIX)は反落。東証1部の売買代金は概算で1兆7891億円、売買高は同10億2974万株と低調で、値上がり銘柄数は703と値下がり1356を大きく下回った。変わらずは91。業種別TOPIXは全33業種中、「精密」「小売」「空運」など14業種が上昇、下落は「鉱業」「その他製品」「サービス」など19業種。昨日発表の好調決算を受け上場来高値を更新したファーストリテイリング(9983)が午後上げ幅を拡大、ローソン(2651)、良品計画(7453)にも業績評価の買いが続いた。タマホーム(1419)は好決算に加え、自社株取得枠の設定が好感され、HOYA(7741)、ソニー(6758)など輸出関連の一角にも買いが入った。エイチ・アイ・エス(9603)による株式公開買付(TOB)を材料にユニゾホールディングス(3258)は大幅続伸。半面、ナブテスコ(6268)、ファナック(6954)は終日冴えず、「リミックスポイント(3825)の子会社から仮想通貨の不正流出が発生」と伝わり、仮想通貨事業を手掛けるマネックスグループ(8698)、GMOインターネット(9449)などが売られた。今期業績予想を引き下げたデザインワン・ジャパン(6048)、新株予約権の発行を決めたIMAGICA GROUP(6879)も大幅安で引けた。

新興市場は主要2指数はともに下落、日経ジャスダック平均は3日ぶりに反落し、東証マザーズ指数は続落した。モブキャストホールディングス(3664)、フェローテックホールディングス(6890)、MTG(7806)が売られ、GA technologies(3491)、ジーエヌアイグループ(2160)、リックソフト(4429)が買われた。


2019年7月12日(金) 市況解説 前引け
日経平均株価 21,653.13(+9.60)
TOPIX 1576.11(-2.52)
東証一部売買高 52705万株

前引け・小幅続伸-決算反応まちまち、レンジ取引継続

12日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸、前日終値に比べ9.60円高い21653.13円で引けた。米ダウ工業株30種平均の史上最高値更新や円相場の弱含み推移を支えに小高く始まったものの、3連休を控えた週末で上値を買い上がる投資家が少ないなか、個別決算に対するネガティブ反応から下落に転じる場面も見られた。小幅なレンジ取引が継続したが、中国株の堅調を受け前引けに向け持ち直した。東証株価指数(TOPIX)は小反落。東証1部の売買代金は概算で9457億円、売買高は同5億2705万株と7月物株価指数オプション取引等の特別清算指数(SQ)算出の影響があったものの低水準にとどまり、値上がり銘柄数は868、値下がり1178、変わらず96だった。業種別TOPIXは全33業種中、「小売」「水産」「保険」など17業種が上昇し、下落は「鉱業」「パルプ・紙」「その他製品」など16業種。第1四半期(3-5月期)が営業増益となったローソン(2651)、いちご(2337)が大幅高、今2月期業績予想を上方修正したディップ(2379)は10%超えの急伸を見せた。9-5月期営業増益のファーストリテイリング(9983)は一時下落に転じるも切り返して、上場来高値を更新、東京海上ホールディングス(8766)など保険株は米金利上昇が好感された。半面、3-5月期大幅営業減益だった安川電機(6506)が急落で始まり、ファナック(6954)、SMC(6273)など設備投資関連全般に売りが波及した。松屋(8237)、ビックカメラ(3048)も決算不調が嫌気され、外資系証券の投資判断引き下げが観測されたTOWA(6315)も厳しい。日経平均への採用が決まり昨日ストップ高のバンダイナムコホールディングス(7832)は一時続伸するも利益確定売りで急速に下落に転じた。

新興市場は主要2指数がともに下落、日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。チームスピリット(4397)、カルナバイオサイエンス(4572)、SHIFT(3697)が売られ、エルテス(3967)、フェニックスバイオ(6190)、サーバワークス(4434)が買われた。

更新のタイミング
「前引け」市況解説…12時30分ごろ
「大引け」市況解説…16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

  •  2019年7月19日(金) 【日経平均株価終値:21,466.99 前日比:+420.75 東証一部売買高:110985万株】
  •  2019年7月18日(木) 【日経平均株価終値:21,046.24 前日比:-422.94 東証一部売買高:128872万株】
  •  2019年7月17日(水) 【日経平均株価終値:21,469.18 前日比:-66.07 東証一部売買高:102395万株】
  •  2019年7月16日(火) 【日経平均株価終値:21,535.25 前日比:-150.65 東証一部売買高:104065万株】
  •  2019年7月12日(金) 【日経平均株価終値:21,685.90 前日比:+42.37 東証一部売買高:102974万株】

投資情報トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ