投資情報トップへ

市況解説 バックナンバー

2019年5月21日(火) 市況解説

2019年5月21日(火) 市況解説 大引け
日経平均株価 21,272.45(-29.28)
TOPIX 1550.30(-4.62)
東証一部売買高 125455万株

大引け・反落―米中対立激化懸念を拭えず

21日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落、前日比29.28円安い21272.45円で取引を終えた。米商務省が中国通信機器最大手ファーウェイへの制裁措置を緩和するとの報道を受けて中国株が急伸、日銀による上場投資信託(ETF)購入観測も手伝って、後場寄り付き直後にプラスに転じる場面もあったが、買いは続かず、その後は小安い水準でもみ合う展開となった。米中対立激化への警戒が拭えないことが響いた格好で、米株先物や中国株の伸び悩みも重荷となった模様。東証株価指数(TOPIX)も3日ぶりに反落。東証一部売買代金は概算2兆3313億円、同売買高は概算12億5455万株で、値下がり銘柄数は1320、値上がり743、変わらずが78。業種別TOPIXでは「海運」「鉱業」「石油・石炭製品」をはじめとする24業種が下落、「ゴム製品」「情報・通信」「鉄鋼」など9業種は上昇。手じまい売りに押された花王(4452)が7日ぶりに反落、経営方針説明会を開催したソニー(6758)に出尽くし感が広がったことも心理を冷やした。住友不動産(8830)などは不冴えな4月の首都圏マンション販売動向が嫌気され、マクロミル(3978)には三菱UFJ証券による目標株価引き下げが観測された。反面、ファナック(6954)やコマツ(6301)など中国関連の一角が切り返し、アドバンテスト(6857)は後場上昇に転じた。インド株の上昇を受けてスズキ(7269)が大幅続伸、ソフトバンク(9434)などは配当利回りの高さに着目した買いを集めた。日本CMK(6958)は中期経営計画が好感された。

新興市場では、主要2指数がそろって続落。運用リスクを減らす動きが継続したものの、後場は下げ渋る展開となった。アンジェス(4563)、自律制御システム研究所(6232)、アンドール(4640)が売られ、インパクトホールディングス(6067)、メディシノバ(4875)、ケア21(2373)は買われた。


2019年5月21日(火) 市況解説 前引け
日経平均株価 21,218.62(-83.11)
TOPIX 1546.35(-8.57)
東証一部売買高 64721万株

前引け・反落―ファーウェイ制裁の余波広がる

21日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日終値に比べて83.11円安い21218.62円で引けた。20日の米国市場で米中対立激化への警戒から半導体株や電子部品株が急落、投資家心理を冷え込ませた。反面、米商務省が中国通信機器最大手ファーウェイへの制裁措置の一部を90日間猶予すると発表したことなどを受けて、シカゴ先物取引システム(GLOBEX)で米株先物が上昇、円相場も弱含みに推移したことなどは相場を下支える格好となった。東証株価指数(TOPIX)も反落。東証一部売買代金は概算1兆1790億円、同売買高は概算6億4721万株で、値下がり銘柄数は全体の7割超の1514、値上がり546、変わらずが81。業種別TOPIXでは「海運」「鉱業」「電気機器」をはじめとする28業種が下落、「情報・通信」「ゴム製品」「パルプ・紙」など5業種は上昇。東京エレクトロン(8035)や信越化学工業(4063)、TDK(6762)が売られ、商船三井(9104)にはSMBC日興証券の格下げも観測された。「子会社が車検で不正証明書を発行」と伝わった日野自動車(7205)は連日で年初来安値を更新、立会外分売の実施を発表したMS-Japan(6539)は厳しい下げに見舞われた。反面、傘下の米スプリントがTモバイルとの合併に向けて前進したとの報道を受けてソフトバンクグループ(9984)が買われ、ファーストリテイリング(9983)も指数を支えた。オリエンタルランド(4661)が連日で上場来高値を更新、光通信(9435)は5日続伸するなど、内需株の一角もしっかり。デンソー(6902)が持分法適用会社化を検討と発表した愛三工業(7283)が急伸、自己株取得枠の設定が好感された杉本商事(9932)の上げも目立つ。

新興市場では、主要2指数がそろって続落。市場の地合い悪化を背景に、個人投資家らの運用リスクを避ける動きが強まった。UTグループ(2146)、ロゼッタ(6182)、カオナビ(4435)が安く、地域新聞社(2164)、はてな(3930)、TKP(3479)は高い。

更新のタイミング
「前引け」市況解説…12時30分ごろ
「大引け」市況解説…16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

  •  2019年5月27日(月) 【日経平均株価終値:21,182.58 前日比:+65.36 東証一部売買高:90164万株】
  •  2019年5月24日(金) 【日経平均株価終値:21,117.22 前日比:-33.92 東証一部売買高:124671万株】
  •  2019年5月23日(木) 【日経平均株価終値:21,151.14 前日比:-132.23 東証一部売買高:115542万株】
  •  2019年5月22日(水) 【日経平均株価終値:21,283.37 前日比:+10.92 東証一部売買高:120334万株】
  •  2019年5月21日(火) 【日経平均株価終値:21,272.45 前日比:-29.28 東証一部売買高:125455万株】

投資情報トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ