投資情報トップへ

市況解説 バックナンバー

2019年5月15日(水) 市況解説

2019年5月15日(水) 市況解説 大引け
日経平均株価 21,188.56(+121.33)
TOPIX 1544.15(+9.17)
東証一部売買高 152404万株

大引け・8日ぶり反発―米中協議再開観測と中国政策思惑が支えに

15日の東京株式市場で日経平均株価は8日ぶりに反発、前日比121.33円高の21188.56円で取引を終えた。国内の景況悪化や企業業績を警戒する売りに押される場面もあったが、「ムニューシン米財務長官が近く北京に赴く計画」と伝わり、米中通商協議の再開観測が浮上、投資家心理を上向かせた。11時に発表された4月の中国主要経済指標は軒並み事前予想を下回ったものの、中国政府が景気対策に注力するとの思惑を呼ぶ格好となったことも、追い風に働いた。東証株価指数(TOPIX)も8日ぶりに反発。東証一部売買代金は概算2兆5724億円、同売買高は概算15億2404万株で、値上がり銘柄数は1359、値下がり716、変わらず65だった。業種別TOPIXでは「繊維」「不動産」「電気機器」をはじめとする26業種が上昇、「医薬品」「鉄鋼」「建設」など7業種は下落。ソフトバンクグループ(9984)や東京エレクトロン(8035)、ソニー(6758)といった値嵩ハイテク株の上げが目立ち、安川電機(6506)など中国関連も総じてしっかり。CAC Holdings(4725)は1-3月期の大幅増益が素直に評価され、凸版印刷(7911)が株式交換で完全子会社化することを発表した図書印刷(7913)はストップ高まで買い進まれた。反面、今期減益計画を示したジェイ エフ イー ホールディングス(5411)が売られ、DIC(4631)、クラレ(3405)も場中に発表された決算が失望売りを招いた。今期大幅増益見通しの日本製紙(3863)は市場予想に届いていないことが嫌気され、ユニ・チャーム(8113)は5日続落。

新興市場では、主要2指数がそろって6日ぶりに反発。市場の地合い好転を受けて、幅広い銘柄に買いが膨らむ展開となった。アンジェス(4563)、サインポスト(3996)、カオナビ(4435)が買われ、ロゼッタ(6182)、エクストリーム(6033)、パピレス(3641)は売られた。


2019年5月15日(水) 市況解説 前引け
日経平均株価 21,051.24(-15.99)
TOPIX 1534.51(-0.47)
東証一部売買高 77715万株

前引け・小幅続落―国内景況悪化や不冴えな中国経済指標が重荷に

15日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅続落、前日終値に比べて15.99円安い21051.24円で引けた。14日の米株高を好感した買いが先行したものの、次第に国内の景況悪化や企業業績を警戒する売りに押される展開となった。米財務省の報道官が「ムニューシン財務長官が北京へ赴き、米中通商協議を再開することを近く計画する見通し」を明らかにしたと伝わると、再び上昇に転じる場面もあったが、11時に発表された4月の中国主要経済指標が軒並み事前予想を下回り、投資家心理を冷やした。東証株価指数(TOPIX)も小幅続落。東証一部売買代金は概算1兆2632億円、同売買高は概算7億7715万株で、値下がり銘柄数は1065、値上がり992、変わらずが83。業種別TOPIXでは「医薬品」「鉄鋼」「海運」をはじめとする18業種が下落、「不動産」「繊維」「精密」など15業種は上昇。今期赤字転落見通しの武田薬品工業(4502)が急落、エーザイ(4523)、塩野義製薬(4507)などがつれ安し指数を押し下げた。日産自動車(7201)も決算が嫌気され、今期見通しが市場予想に届かなかったトリドールホールディングス(3397)は厳しい下げに見舞われた。福山通運(9075)には野村証券の弱気レポートが観測され、独禁法違反に伴う課徴金納付命令を事前通告されたことが判明したニチレキ(5011)も冴えない。反面、初の自社株買い実施を決めた三菱地所(8802)はおよそ1年ぶりの高値を付け、今期2桁営業増益見通しを示したじげん(3679)はストップ高まで買い進まれた。1-3月期に7年ぶりの営業赤字に転落したルネサスエレクトロニクス(6723)は悪材料出尽くしの反応を示し、THK(6481)は進捗率の高さが評価材料となった。住宅ローンの不正利用疑惑に揺れるアルヒ(7198)はひとまず決算を素直に好感する格好に。

新興市場では、主要2指数が高安まちまち。不透明感は依然くすぶるものの、好業績銘柄などへの買いも散見される状況となりつつある。そーせいグループ(4565)、ALBERT(3906)、アドベンチャー(6030)が買われ、サンバイオ(4592)、オイシックス・ラ・大地(3182)、ピクセルカンパニーズ(2743)は売られた。

更新のタイミング
「前引け」市況解説…12時30分ごろ
「大引け」市況解説…16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

  •  2019年5月21日(火) 【日経平均株価終値:21,272.45 前日比:-29.28 東証一部売買高:125455万株】
  •  2019年5月20日(月) 【日経平均株価終値:21,301.73 前日比:+51.64 東証一部売買高:117824万株】
  •  2019年5月17日(金) 【日経平均株価終値:21,250.09 前日比:+187.11 東証一部売買高:134952万株】
  •  2019年5月16日(木) 【日経平均株価終値:21,062.98 前日比:-125.58 東証一部売買高:146158万株】
  •  2019年5月15日(水) 【日経平均株価終値:21,188.56 前日比:+121.33 東証一部売買高:152404万株】

投資情報トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ