• 検索

市況解説 2021年1月28日(木)

2021年1月28日(木) 市況解説 大引け
日経平均株価 28,197.42(-437.79)
TOPIX 1838.85(-21.22)
東証一部売買高 213765万株

大引け・大幅反落-後場下げ幅拡大も下値抵抗感示す

28日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落、前日比437.79円安の28197.42円で取引を終えた。27日の欧米株安を受けて朝方に600円超えの急落を見せたあと急速に下げ渋ったものの、後場に入るとアジア市場の軟調などを受けて再度下値模索の格好となった。決算発表の本格化を前に様子見姿勢が強まるなか、時間外取引での米株先物の下落などから、需給不安が尾を引く懸念も意識された模様。東証株価指数(TOPIX)も大幅反落。東証1部の売買代金は概算で4兆8334億円、売買高は同21億3765万株、値下がり銘柄数は1192、値上がり912、変わらず85だった。業種別TOPIXは全33業種中、「情報・通信」「電気機器」「精密」など26業種が下落、上昇は「空運」「陸運」「銀行」など7業種。本日引け後に決算発表を控える東京エレクトロン(8035)、アドバンテスト(6857)が下げ幅を拡大、ファナック(6954)、商船三井(9104)が下げに転じた。米金利低下思惑から東京海上ホールディングス(8766)はじめ保険株が安く、きのう上場来高値を更新したGMOペイメントゲートウェイ(3769)、シマノ(7309)など高値圏銘柄への利益確定売りも目に付いた。巣篭もり関連のブイキューブ(3681)、メドピア(6095)も弱い。半面、昨日決算発表で今期営業利益を一転黒字予想と発表したNOK(7240)が上げ幅を拡大、エンプラス(6961)は好決算とともに大規模な自社株買いを発表しストップ高まで買われた。昼休み中に4-12月期決算を発表した大東建託(1878)は通期予想据え置きながら高い進捗率が好感されて一段高、アルミニウム事業の売却方針が報じられた昭和電工(4004)も強い。JAL(9201)、エイチ・アイ・エス(9603)と言ったレジャー関連には見直し買いが優勢だった。

新興市場は主要2指数がともに反落。ラクス(3923)、プレイド(4165)、フリー(4478)が売られ、ジオマテック(6907)、ティーケーピー(3479)、シンバイオ製薬(4582)が買われた。


2021年1月28日(木) 市況解説 前引け
日経平均株価 28,323.06(-312.15)
TOPIX 1844.00(-16.07)
東証一部売買高 70591万株

前引け・大幅反落-節目28000円割れ後に急速切り返し

28日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落、前日終値に比べ312.15円安い28323.06円で引けた。27日の米株市場で個人投資家等の投機的売買を背景とした需給不安が浮上、折からの高値警戒感も重なって、ダウ工業株30種平均が600ドル超え下落するなど主要指数が軒並み急落した。引け後の米アップルの決算等にもネガティブな反応を示し、東京市場も全面安で始まったが、寄り付き直後に心理的節目の28000円を割り込むと徐々に押し目買いが入り、その後は着実な値戻しが進んだ。東証株価指数(TOPIX)も反落。東証1部の売買代金は概算で1兆5096億円、売買高は同7億591万株、値下がり銘柄数は1289、値上がり783、変わらず116だった。業種別TOPIXは全33業種中、「情報・通信」「精密」「不動産」など23業種が下落、上昇は「空運」「海運」「鉱業」など10業種。東京エレクトロン(8035)やソフトバンクグループ(9984)が大きく売られ、決算発表で今3月期業績予想を据え置いた信越化学工業(4063)も日経平均を押し下げた。10-12月期決算が冴えなかったサイバーエージェント(4751)が一時10%超え急落、インデックス売買に伴う需給不安からエムスリー(2413)も大きく続落した。小野薬品工業(4528)は三重大病院元教授の再逮捕に関係して、社員2名の逮捕が報じられ大幅安となった。半面、今3月期予想を上方修正したファナック(6954)、オムロン(6645)がともに買われ、物語コーポレーション(3097)は好決算と株式分割の発表が好感された。日経新聞で大幅増益観測が報じられた川崎汽船(9107)や、10-12月期営業黒字を確保した三越伊勢丹ホールディングス(3099)も大幅高。JCRファーマ(4552)は「英製薬大手アストラゼネカが日本国内でワクチン量産に入る」との報道を受けて、原液製造を請け負う同社業績への期待が高まった。

新興市場は主要2指数がともに反落。BASE(4477)、バルミューダ(6612)、メドレー(4480)が売られ、ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)、かっこ(4166)、モダリス(4883)が買われた。


更新のタイミング
「前引け」市況解説...12時30分ごろ
「大引け」市況解説...16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。