• 検索

市況解説 2020年9月1日(火)

2020年9月1日(火) 市況解説 大引け
日経平均株価 23,138.07(-1.69)
TOPIX 1615.81(-2.37)
東証一部売買高 102769万株

大引け・小反落―後場は前日終値を挟んだもみ合いに終始

1日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反落、前日比1.67円安の23138.09円で取引を終えた。安倍首相の後任を決める自民党総裁選で菅官房長官が最有力候補に躍り出たことで、これまでの政策が継承されるとの期待感が相場を支える一方、米金利低下を背景とするドル安進行や金融株への売りが重荷となった。後場に入ると、今晩の米主要経済指標を見極めたいとのムードが広がり、前日終値を挟んだもみ合いに終始した。東証株価指数(TOPIX)も小幅反落。東証一部売買代金は概算1兆8612億円、同売買高も概算10億2769万株と低調で、値下がり銘柄数は1162、値上がり915、変わらず94だった。業種別TOPIXでは「陸運」「水産・農林」「倉庫・運輸」をはじめとする25業種が下落、「その他製品」「精密」「卸売」など8業種は上昇。KDDI(9433)やソフトバンク(9434)が下げ幅を広げ、今期大幅減益見通しを示したイトーキ(7972)は厳しい下げに見舞われた。今期見通しを下方修正した菱洋エレクトロ(8068)の下げもきつく、中間配当を見送ったIHI(7013)も冴えない。反面、個人投資家の買いを集めた任天堂(7974)が12年ぶりの高値を付け、「米アップルは5G対応iphoneを年内に7500万台以上生産するようサプライヤーに要請」との一部報道を受けて村田製作所(6981)なども小じっかり。富士通(6702)は携帯電話販売事業の売却が好感され、赤羽国交大臣発言を受けてエイチ・アイ・エス(9603)やKNT−CTホールディングス(9726)などが動意付いた。ツルハホールディングス(3391)は8月月次動向が評価された。

新興市場では、主要2指数がそろって続伸。主力株の上げが目立ったマザーズ指数の上昇率は3%近くに達した。出前館(2484)、SunAsterisk(4053)、ジーエヌアイグループ(2160)が買われ、ケイブ(3760)、アビックス(7836)、モダリス(4883)は売られた。


2020年9月1日(火) 市況解説 前引け
日経平均株価 23,145.86(+6.10)
TOPIX 1614.40(-3.78)
東証一部売買高 51721万株

前引け・小幅続伸―ポスト安倍への警戒後退が下値を支える

1日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸、前日終値に比べて6.10円高い23145.86円で引けた。31日のNYダウ工業株30種平均の反落が景気敏感セクターの重荷となったうえ、米連邦準備理事会(FRB)高官発言を受けた米金利の低下がドル安や金融株の下落を誘うなかでも、ポスト安倍への過度の警戒後退が下値を支える格好となった。8月の中国財新製造業購買担当者景気指数(PMI)が事前予想を上回ったことや、シカゴ先物取引システム(GLOBEX)で米株先物がプラス圏に浮上したことも好感された模様。東証株価指数(TOPIX)は小幅ながら反落。東証一部売買代金は概算9157億円、同売買高も概算5億1721万株と低調で、値上がり銘柄数は831、値下がり1228、変わらずが112。業種別TOPIXでは「その他製品」「精密」「卸売」など8業種が上昇、「鉱業」「石油・石炭製品」「倉庫・運輸」をはじめとする25業種は下落。三菱商事(8058)など大手商社株が続伸、騰勢強まるチェンジ(3962)は連日で上場来高値を更新。「首都圏から本社機能の一部を移転」と報じられたパソナグループ(2168)も強く、上期業績上振れのトリケミカル研究所(4369)は一時10%近く上昇。8月月次好調のKeePer技研(6036)は大幅に5日続伸。反面、メガバンクやトヨタ自動車(7203)、日本製鉄(5401)が安く、今期2桁営業減益見通しを示した内田洋行(8057)には失望売りが嵩んだ。NTTドコモ(9437)など大手通信キャリアへの売りが継続、新株予約権の発行による資金調達を決めた日本ケミコン(6997)は10%超下落。キヤノン(7751)、ニコン(7731)にはJPモルガン証券の弱気レポートが観測された。

新興市場では、主要2指数がそろって続伸。値動きの良い直近IPO銘柄や巣ごもり関連などへの資金流入が継続した。ティアンドエス(4055)、インターファクトリー(4057)、BASE(4477)が買われ、ウチダエスコ(4699)、プレシジョン・システム・サイエンス(7707)、イグニス(3689)は売られた。


更新のタイミング
「前引け」市況解説...12時30分ごろ
「大引け」市況解説...16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。