• 検索

市況解説 2020年5月14日(木)

2020年5月14日(木) 市況解説 大引け
日経平均株価 19,914.78(-352.27)
TOPIX 1446.55(-28.14)
東証一部売買高 132977万株

大引け・大幅続落-アジア株軟調のなか2万円割り込む

14日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続落、前日比352.27円安の19914.78円と節目の2万円を約1週間ぶりに割り込んで取引を終えた。米景気懸念や主要各国での新型コロナの感染再拡大が意識されるなか、アジア市場全域で軟調ムードが継続、業績への警戒感が根強い景気敏感株を中心に幅広い銘柄で売りが優勢だった。本日午後に「感染に歯止めがかかっている39県の緊急事態宣言の解除について諮問委員会が承認」と伝わり、今晩の正式発表を前に材料織り込みとの空気も広がったようだ。東証株価指数(TOPIX)も3日続落。東証1部の売買代金は概算で2兆1578億円、売買高は同13億2977万株と低水準にとどまり、値下がり銘柄数は全体の9割近い1952、値上がり190、変わらず29だった。業種別TOPIXは全33業種中、「医薬品」を除く32業種が下落、「海運」「建設」「鉄鋼」「金属製品」などが値下がり率の上位に並んだ。午後の決算発表で今3月期の大幅減益予想を発表した三井化学(4183)や今12月期予想を下方修正したクラレ(3405)が下げ幅を拡大、太平洋セメント(5233)、ジェイ エフ イー ホールディングス(5411)など素材株全般に売りが波及した。減配予想を発表した大和ハウス工業(1925)は10%超えの急落、朝方に実質的な上場来高値を更新したローツェ(6323)も下落に転じた。半面、抗がん剤開発への期待から第一三共(4568)が上場来高値をつけるなど医薬品大手が強く、資生堂(4911)、ニチレイ(2871)などディフェンシブ株の一角がしっかり。東京応化工業(4186)、大真空(6962)には後場も決算を好感する買いが継続、本日午後に好調な決算を発表した応用地質(9755)、栗本鐵工所(5602)は後場上昇に転じた。

新興市場は主要2指数がともに下落。朝方には好決算銘柄などに物色資金が流入したものの世界的な買い疲れ感などが意識され、手仕舞い売り優勢となった。テラ(2191)、プロルート丸光(8256)、プレシジョン・システム・サイエンス(7707)が売られ、ホープ(6195)、メドレー(4480)、イグニス(3689)が買われた。


2020年5月14日(木)市況解説 前引け
日経平均株価 20,138.45(-128.60)
TOPIX 1465.71(-8.98)
東証一部売買高 57278万株

前引け・続落-海外株安重荷も、底堅さ示す

14日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日終値に比べ128.60円安い20138.45円で引けた。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が景気の下振れリスクをあらためて強調したことや米中対立ムードが嫌気され13日の米株市場が大幅続落、この流れを引き継いで景気敏感株を中心に幅広い銘柄で売りが先行したが、売り一巡後は下げ渋った。朝方には200円近い下げ場面が見られたものの、節目の2万円接近場面では昨日同様に押し目買い姿勢を示した。東証株価指数(TOPIX)も続落。東証1部の売買代金は概算で9452億円、売買高は同5億7278万株、値下がり銘柄数は全体の7割超えの1555、値上がり536、変わらず79だった。業種別TOPIXは全33業種中、「海運」「鉱業」「電気機器」など29業種が下落、上昇は「医薬品」「空運」「陸運」「パルプ・紙」の4業種にとどまった。今3月期業績を「3割程度の営業減益見通し」としたソニー(6758)が下落、人工呼吸器などへの期待の高かった日本光電(6849)は2ケタ減益予想を発表し、一時15%近く下押しした。商船三井(9104)、ファナック(6954)など世界景気の影響を受けやすい企業が売られ、円高警戒からトヨタ自動車(7203)は3日続落。半面、今3月期大幅増益と配当維持方針を示した武田薬品工業(4502)が急伸、日本新薬(4516)は好決算とともに「新型コロナ治療薬の開発を始めた」との日経報道も材料視された。1-3月期営業黒字に転換し、上期見通しを引き上げたNISSHA(7915)はストップ高まで買われ、1-3月期6割営業増益の東京応化工業(4186)は年初来高値を更新した。今3月期見通しを23%営業増益としたグレイステクノロジー(6541)も15%超えの大幅高、NEC(6701)には好業績評価の買いが継続し、5日続伸した。

新興市場は主要2指数が高安まちまち。決算発表や材料の出た銘柄への好反応が見られたが、直近賑わった銘柄への利益確定売りが重荷となった。松屋アールアンドディ(7317)、メドピア(6095)、ワークマン(7564)が買われ、ホロン(7748)、ビクスタ(3416)、ブロードバンドタワー(3776)が売られた。


更新のタイミング
「前引け」市況解説...12時30分ごろ
「大引け」市況解説...16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。