• 検索

市況解説 2020年3月23日(月)

2020年3月23日(月) 市況解説 大引け
日経平均株価 16,887.78(+334.95)
TOPIX 1292.01(+8.79)
東証一部売買高 269739万株

大引け・大幅反発―日銀出動観測が売り方の買い戻しを誘発

23日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに大幅反発、19日終値に比べて334.95円高い16887.78円で取引を終えた。寄り前のシカゴ先物取引システム(GLOBEX)で米株先物が急落するなど、波乱の展開になるかと思われたが、年金買い観測が流れるなか、日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ増額および運用弾力化が売り方の買い戻しを誘う格好となった。ソフトバンクグループ(9984)が自社株買いや負債削減の計画を発表し、ストップ高まで買い進まれる場面では、節目の17000円台を回復する場面もあった。東証株価指数(TOPIX)は小幅ながら4日続伸。東証一部売買代金は概算4兆152億円、同売買高は概算26億9739万株で、値上がり銘柄数は全体の3/4近い1613、値下がり527、変わらず26だった。業種別TOPIXでは「非鉄」「保険」「倉庫・運輸」をはじめとする26業種が上昇、「空運」「精密」「小売」など7業種は下落。ファナック(6954)や東京エレクトロン(8035)、アドバンテスト(6857)など足元の下げが厳しかった値嵩ハイテク株が買われ、住友不動産(8830)は東証REIT指数の急反発も支援材料となった模様。中国・武漢工場の稼動再開が伝わった住友電気工業(5802)が強く、「新型コロナウイルスのワクチン製造を月内に開始」と発表したアイロムグループ(2372)は10%超上昇。反面、トヨタ(7203)などは相次ぐ工場の生産停止報道が重荷となり、5000人の客室乗務員を対象にした一時帰休方針が嫌気されたANAホールディングス(9202)も厳しい。ダイキン工業(6367)は4日ぶりに急反落、高輪ゲートウェイ駅構内の無人コンビニ開業でサインポスト(3996)には出尽くし感が台頭。東京五輪の延期観測を受けて、大成建設(1801)など大手ゼネコンに昨年来安値を更新する銘柄が相次いだ。

新興市場では、主要2指数が小幅ながらともに反発。「追い証」を回避するための売りは一巡したとの声が聞かれた。ワークマン(7564)、UUUM(3990)、株式会社農業総合研究所(3541)が買われ、関通(9326)、JTOWER(4485)、JMDC(4483)は売られた。


2020年3月23日(月) 市況解説 前引け
日経平均株価 16,633.46(+80.63)
TOPIX 1270.39(-12.83)
東証一部売買高 124030万株

前引け・反発-世界景気リスク警戒も底堅さ示す

23日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発、3連休前の19日終値に比べ80.63円高の16633.46円で引けた。欧米での感染者数の急拡大や、米ニューヨーク州の原則出社停止措置など世界の主要都市での封じ込め策が一段と強化されるなか、景気への打撃がより意識され早朝のシカゴ先物取引システム(GLOBEX)では米株先物が大幅安で始まった。日経先物も東証寄り付き前に急落場面が見られたものの、先週来の下値の堅さを発揮して上昇スタート、途中「安倍首相の東京五輪の延期容認を表明」との報道後一時下げに転じる場面もあったが、前引けにかけて切り返した。東証株価指数(TOPIX)は反落。東証1部の売買代金は概算で1兆8345億円、売買高は同12億4030万株、値上がり銘柄数876、値下がり1230、変わらず60だった。業種別TOPIXは全33業種中、「医薬品」「非鉄金属」「保険」など10業種が上昇し、下落は「空運」「小売」「精密」など23業種。ファナック(6954)、リクルートホールディングス(6098)など先週大きく下押した値嵩株の一角が急反発、エーザイ(4523)、第一三共(4568)はじめ医薬品株の上昇も指数を支えた。今3月期配当計画を引き上げた三桜工業(6584)や、証券会社の格上げが観測されたファミリーマート(8028)が買われた。半面、先行して反発傾向を強めていた近鉄グループホールディングス(9041)などの電鉄株やドラッグストアのマツモトキヨシ(3088)が利益確定売りから急落、高島屋(8233)は前2月期営業利益が下振れしたとの観測報道から売られ、百貨店各社も全面安となった。

新興市場は主要2指数がともに続落。ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)、Sansan(4443)、マネーフォワード(3994)が売られ、弁護士ドットコム(6027)、そーせいグループ(4565)、メルカリ(4385)が買われた。


更新のタイミング
「前引け」市況解説...12時30分ごろ
「大引け」市況解説...16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。