• 検索

市況解説 2020年01月27日(月)

2020年01月27日(月) 市況解説 大引け
日経平均株価 23,343.51(-483.67)
TOPIX 1702.57(-27.87)
東証一部売買高 118046万株

大引け・大幅反落―大引けにかけて改めて売られ、今年最大の下げ

27日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落、前週末比483.67円安の23343.51円で取引を終えた。新型肺炎の感染拡大や中東情勢の緊迫化を受け、投資家心理が冷え込み、全面安商状を呈した。アジア主要市場が軒並み休場で、開いている東京市場でヘッジ目的の売りを膨らませる投資家が多かったことも下げを増幅させた模様で、日銀の上場投資信託(ETF)購入観測が下支えた後場も、欧州勢が参入してきた14時過ぎからは売り圧力が再び強まる展開となった。東証株価指数(TOPIX)は大幅に3日続落。東証一部売買代金は概算2兆1772億円、同売買高は概算11億8046万株で、値下がり銘柄数は全体の9割超の1961、値上がり166、変わらずが32。業種別TOPIXでは「不動産」を除く32業種が下落、「空運」「金属製品」「非鉄」「機械」が値下がり率上位に並んだ。武漢市内にある17店舗すべてを閉鎖したファーストリテイリング(9983)が一段安、ホンダ(7267)、スタンレー電気(6923)にも工場閉鎖の思惑が広がった。「マンション融資で書類を改ざん」と報じられたアルヒ(7198)は一時ストップ安まで売られ、4-12月期7%営業増益のエンプラス(6961)は出尽くしの反応を示した。東芝(6502)子会社を巡る循環取引で主導役を果たしたとされるネットワンシステムズ(7518)は大幅に5日続落、伊方原発を巡るトラブルが続発している四国電力(9507)も冴えない。反面、三菱地所(8802)、住友不動産(8830)など大手不動産が買われ、今12月期大幅増益見通しのHIOKI(6866)は終日堅調に推移。株主優待の導入を発表した図研(6947)は後場プラスに浮上、オプトラン(6235)には大和証券の強気レポートが観測された。一部報道を受けて、テレワーク関連事業を手掛けるアセンテック(3565)が動意付いた。

新興市場では、主要2指数がそろって大幅続落。ワークマン(7564)、メイコー(6787)、UUUM(3990)が売られ、カイノス(4556)、興研(7963)、リプロセル(4978)は買われた。


2020年01月27日(月) 市況解説 前引け
日経平均株価 23,372.06(-455.12)
TOPIX 1703.96(-26.48)
東証一部売買高 60062万株

前引け・大幅反落-新型肺炎拡大、中東リスクも警戒

27日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落、前週末終値に比べ455.12円安い23372.06円で引けた。新型肺炎の感染拡大やイラクの米大使館にロケット弾が打ち込まれたことから警戒感が一段と高まり、全面安商状となった。中国、香港市場等の休場もあって日本市場への機関投資家のヘッジ売りが集中した格好となり、一時500円超えの下げ場面も見られたが、好業績銘柄などへの押し目買いを支えに売り一巡後はやや下げ渋った。東証株価指数(TOPIX)は大幅続落。東証1部の売買代金は1兆566億円、売買高は同6億62万株と低調で、値下がり銘柄数は全体の9割にあたる1941、値上がり167、変わらず51だった。業種別TOPIXは「不動産」を除く32業種が下落、「空運」「海運」「非鉄金属」「その他製品」などが値下がり率の上位に並んだ。ファーストリテイリング(9983)、ソフトバンクグループ(9984)など指数寄与度の大きい値嵩株が軒並み売られ、インバウンド関連の資生堂(4911)、京成(9009)などの下げが厳しかった。4-12月期営業利益が前年同期比減益になるとの観測報道のあったオリエンタルランド(4661)が8%超え下落し、中国景気の影響を受けやすい安川電機(6506)、住友金属鉱山(5713)も大幅安。ネットワンシステムズ(7518)、日鉄ソリューションズ(2327)は架空取引問題を引きずって下げ継続、好決算を発表したピーシーエー(9629)は材料出尽しの反応となった。半面、ジャフコ(8595)には業績評価の買いが続いて昨年来高値を更新、中期経営計画への高評価を支えに三菱地所(8802)が2年8ヵ月ぶりの高値を付けるなど、大手不動産もしっかりだった。大幸薬品(4574)、シキボウ(3109)はじめ除菌関連が急伸、カゴメ(2811)は前12月期業績の上方修正が好感され、イワキ(8095)は製剤開発企業のスペラファーマの買収が材料視された。

新興市場は主要2指数がともに続落。日経平均の急落で投資家心理が悪化、持ち高整理の動きが加速した。ソレキア(9867)、メイコー(6787)、トランザス(6696)が売られ、大木ヘルスケアホールディングス(3417)、イマジニア(4644)、ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)が買われた。


更新のタイミング
「前引け」市況解説...12時30分ごろ
「大引け」市況解説...16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

手数料等・リスク重要事項

ご留意事項

  • 当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • 当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • 証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。