株式トップへ

REIT

REITとは

REITとは、投資家から集めた資金等で不動産を保有し、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当される商品です。投資家には投資証券が発行され、上場基準など一定の条件を満たせば取引所上場が可能で、上場後は株式と同じように売買が可能です。
REIT(Real Estate Investment Trust)は主にアメリカで呼ばれている呼称であり、わが国のREITはアメリカのREITと制度上異なる面もあるため、日本版REITという意味でJ-REITとも呼ばれています。

REITの特徴

売買注文はいつでも可能

金融商品取引所に上場していますので、上場株式と同様に立会時間中であればいつでも売買の注文ができます。また、信用取引についても上場株式と同様に行うことができます。

相対的に高い配当利回り

REITは、収益の90%以上を投資家に分配することで、法人税が免除される仕組み等から、相対的に高い利回りが期待されています。

比較的安定した値動き

REITは、賃貸料などの比較的安定した収益を原資としていますので、市場価格の変動は株式と比較して少ないと考えられます。このことは、株式のような売買益を追求する商品というより、むしろ利回りを重点においた商品といえます。

インフレへの強さ

利回りを重点においた商品という点では債券に類似していますが、不動産市況や賃貸料は、一般的に物価にスライドする特徴があるため、債券類とは異なり、インフレになっても価値が目減りすることが少ないといえます。

少額投資が可能

数10万円から投資が可能で、実物不動産への投資とは異なり、比較的手の届く金額から投資できます。

REITの種類

REITの詳細につきましては、下記ページをご参照ください。



株式トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ