債券トップへ

転換社債型新株予約権付社債(CB)

CBとは

CBは、Convertible Bondの略語で、普通社債とは異なり、事前に決められた転換価額で発行会社の株式に転換できる社債のことです。
従来は、単に「転換社債」と呼ばれ、本来の新株予約権付社債である「ワラント債」と区別されていましたが、2002年4月の改正商法の施行により、「転換社債」と「ワラント債」の債券種別が同一とされ、「新株予約権付社債」という区分でまとめられるようになりました。そこで両者を区別するため、従来の「転換社債」を「転換社債型新株予約権付社債(CB)」と呼称しています。

CBの特長

債券としての安定性と株式の値上り妙味のどちらかを選択できる
ほとんどの銘柄が取引所で売買されているため流動性が高い

理論的には、転換価額よりも株価が上昇すれば、株式に転換し、売却する事で利益を得ることができます。

転換価額とは、CBを株式に転換する時の社債と株式の交換値段のことです。
例)額面100円につき100円、転換価額1,000円のCBの株価が1,200円になったとします。このとき転換すれば1,200円の株を1,000円で取得できることになります。

逆に転換価額より株価が低いままなら、転換せずに、普通社債と同じように毎年一定の利払いを受取り、満期日まで保有することもできます。
また、CBは各金融商品取引所に上場されているものが多く、流動性の確保が図られています。

CB委託手数料

CB委託手数料は、お客様がご選択される取引窓口や約定代金等によって異なります。

対面取引

約定代金 委託手数料(税込)
100万円以下 約定代金の1.08%
100万円超 500万円以下 (約定代金の0.900%+1,000円)×1.08
500万円超 1000万円以下 (約定代金の0.700%+11,000円)×1.08
1000万円超 3000万円以下 (約定代金の0.550%+26,000円)×1.08
3000万円超 5000万円以下 (約定代金の0.400%+71,000円)×1.08
5000万円超 1億円以下 (約定代金の0.250%+146,000円)×1.08
1億円超 10億円以下 (約定代金の0.200%+196,000円)×1.08
10億円超 (約定代金の0.150%+696,000円)×1.08
  • プラスネットを通じてお取引された場合も、上記の委託手数料が適用されます。
  • ※円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。
  • ※約定代金は1口注文によるもので、同一銘柄につき同一日に成立したものを指します。

コール取引

約定代金 委託手数料(税込)
100万円以下 約定代金の0.54%
※2,700円に満たない場合は2,700円
100万円超 500万円以下 (約定代金の0.45%+500円)×1.08
500万円超 1000万円以下 (約定代金の0.35%+5,500円)×1.08
1000万円超 (約定代金の0.275%+13,000円)×1.08
※上限54,000円
  • プラスネットを通じてお取引された場合も、上記の委託手数料が適用されます。
  • ※円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。
  • ※約定代金は1口注文によるもので、同一銘柄につき同一日に成立したものを指します。

ネット取引

約定代金の0.216%(税込)

  • ※売付・買付ともにトレード画面からの発注はできません。オペレーターへお電話での発注となります。
  • ※最低手数料1,944円


債券トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ