投資情報トップへ

市況解説 バックナンバー

2019年3月18日(月) 市況解説

2019年3月18日(月) 市況解説 大引け
日経平均株価 21,584.50(+133.65)
TOPIX 1613.68(+11.05)
東証一部売買高 103392万株

大引け・続伸―後場は狭いレンジ内でのもみ合いに

18日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前週末比133.65円高の21584.50円と、5営業日ぶりに節目の21500円台を回復して取引を終えた。15日の米株高や中国向け輸出の持ち直しを好感した買いが先行、国内機関投資家の決算対策売りなどに押される場面もあったが、中国株の大幅上昇が安心感を誘い、堅調地合いを維持した。もっとも、国内独自の材料を欠くことなどから、後場に入ると狭いレンジ内でのもみ合いに終始した。東証株価指数(TOPIX)も続伸。東証一部売買代金は概算1兆9134億円、同売買高は概算10億3392万株と低調で、値上がり銘柄数は全体の8割近い1695に達し、値下がり385、変わらずが56。業種別TOPIXでは「鉱業」を除く32業種が上昇、「その他製品」「金属製品」「化学」「証券」が値上がり率上位に並んだ。半導体関連をはじめとするハイテク株が軒並み高く、花王(4452)、資生堂(4911)などディフェンシブ関連の値嵩株もしっかり。イオンファンタジー(4343)やJ.フロントリテイリング(3086)は2月月次動向が評価され、GMOペイメントゲートウェイ(3769)は昨年来高値を更新した。反面、大日本住友製薬(4506)は提携先のサンバイオ(4592)の赤字拡大が重荷となり、「東京電力ホールディングス(9501)と再生エネルギー販売会社を設立へ」と報じられたイーレックス(9517)は買い一巡後利食い売りに押された。冬物衣料の不振で今期見通しを下方修正したレナウン(3606)が安く、大幅減配を発表した水戸証券(8622)の下げがきつい。日本水産(1332)には利食い売りが膨らんだ。

新興市場では、主要2指数がそろって上昇。メルカリ(4385)、リボミック(4591)、サーバーワークス(4434)が買われ、オンコリスバイオファーマ(4588)、弁護士ドットコム(6027)、Delta?FlyPharma(4598)は売られた。


2019年3月18日(月) 市況解説 前引け
日経平均株価 21,579.66(+128.81)
TOPIX 1609.40(+6.77)
東証一部売買高 47620万株

前引け・続伸-米株高や中国向け輸出の持ち直しを好感

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前週末終値に比べて128.81円高い21579.66円と、心理的節目の21500円台を回復して引けた。15日の米国株高を好感、寄り前に発表された2月貿易統計速報値で中国向け輸出の持ち直しが確認されたことも追い風となり、半導体関連などを中心に買いが先行。国内機関投資家の決算対策売りや「米中首脳会談が6月にずれ込む可能性が出てきた」との一部報道が重荷となる場面もあったが、中国株の堅調推移が下値を支える格好となった。東証株価指数(TOPIX)も続伸。東証一部売買代金は概算8327億円、同売買高も概算4億7620万株と低調で、値上がり銘柄数は全体の2/3超の1464、値下がり598、変わらず74だった。業種別TOPIXでは「その他金融」「石油・石炭製品」「金属製品」をはじめとする26業種が上昇、「繊維」「パルプ・紙」「鉱業」など7業種は下落。東京エレクトロン(8035)やSCREENホールディングス(7735)が買われ、自社株買いが意識されたソフトバンクグループ(9984)も指数を押し上げた。今期の増益見通しと中期経営計画が好感されたトリケミカル研究所(4369)が急伸、メディカルシステムネットワーク(4350)には国内証券の強気レポートが観測された。反面、セブン&アイ・ホールディングス(3382)は「2020年2月期の海外コンビニ事業の利益は過去最高」との日経報道に反応せず、国内証券による格下げが伝わったトヨタ紡織(3116)も冴えない。通期見通しを下方修正したアグレ都市デザイン(3467)、黒谷(3168)が急落、今期末の普通配当を見送った丸三証券(8613)も厳しい。

新興市場では、主要2指数がそろって上昇。投資家心理の好転を受け、値動きの良い銘柄などを中心に物色された。アンジェス(4563)、エニグモ(3665)、ALBERT(3906)が高く、ワークマン(7564)、リックソフト(4429)、MTG(7806)は安い。新規上場の共栄セキュリティーサービス(7058)は公開価格2100円に対し、2866円の初値を付けた。

更新のタイミング
「前引け」市況解説…12時30分ごろ
「大引け」市況解説…16時30分ごろ
市況解説は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とするもので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の責任と判断でなさいますようお願い申し上げます。

市況解説 バックナンバー

  •  2019年3月25日(月) 【日経平均株価終値:20,977.11 前日比:-650.23 東証一部売買高:132784万株】
  •  2019年3月22日(金) 【日経平均株価終値:21,627.34 前日比:+18.42 東証一部売買高:136559万株】
  •  2019年3月20日(水) 【日経平均株価終値:21,608.92 前日比:+42.07 東証一部売買高:114516万株】
  •  2019年3月19日(火) 【日経平均株価終値:21,566.85 前日比:-17.65 東証一部売買高:110401万株】
  •  2019年3月18日(月) 【日経平均株価終値:21,584.50 前日比:+133.65 東証一部売買高:103392万株】

投資情報トップへ

    • ネット取引・プラスネット ログイン
    • 取引所FX くりっく365 ログイン
    • 取引所CFD くりっく株365 ログイン
    • 口座開設・資料請求
    • 選べる3つの取引方法
    • 対面取引
    • コール取引
    • ネット取引

    株式、投資信託、債券、NISAのことなら岩井コスモ証券

    このページのトップへ