「空売り価格規制の見直し」について

2013年11月5日、信用取引の空売りに関する規制が見直されました。その中で、空売り価格規制では、現行、個人のお客様が信用新規売(空売り)を51単元以上発注した場合、すべての銘柄に対し価格規制を適用していましたが、一定の条件に抵触した銘柄(トリガー抵触銘柄)にのみ規制が適用されることになりました。

トリガー方式の価格規制とは

あらかじめトリガー値段(前日の終値等を基礎として算出される基準値段から10%低い値段)が決められ、トリガー値段以下で約定が発生した場合に価格規制が適用されます。

価格規制の翌営業日における適用の有無については、

  • (1) 当日、当該銘柄の主たる市場においてトリガーに抵触した場合
    その翌日は当該銘柄の取引が行われる全ての市場(私設取引システム(以下「PTS」という)を含む)において、価格規制が終日適用されます。
    (主たる市場以外の各市場において当日トリガーに抵触していたかどうかは問いません)
  • (2) 当日、当該銘柄の主たる市場においてトリガーに抵触しなかった場合
    その翌日は当該銘柄の取引が行われる全ての市場(PTSを含む)において、価格規制が適用されない状態で取引が開始されます。
    (主たる市場以外の各市場において当日トリガーに抵触していたかどうかは問いません)

トリガー抵触銘柄の公表

当日にトリガーに抵触した銘柄の一覧情報については、各々の取引所のホームページに掲載されます。

空売り注文に関する具体例

  • 具体的な空売り注文の事例

注意事項

  • (1) 空売り価格規制は「51単元以上(価格規制あり)」の注文を対象としております。ただし、50単元以下(価格規制なし)の注文であっても、価格規制を潜脱する意図的な分割発注とみられる注文は、注文を受け付けない場合もありますので、ご注意ください。
  • (2) 今回の空売り規制の見直し後におきましても、51単元以上の信用新規売(空売り)の委託取引の成行注文(訂正も含む)は受付できませんのでご注意ください。

この画面を閉じる